ニュージーランドのビザをサポート

まず日本人スタッフが就労経験や、学歴、現在の状況、将来の目標などについて無料カウンセリングを行い、
その後は政府公認移民アドバイザーにバトンタッチ!ヒアリングの内容を元に、ビザ取得に向け本格的に動いていきます。
アドバイザーとの相談も日本人スタッフがサポートしてくれるので安心です。

Visa Support

各種ビザサポート

ビザ取得の流れ

1. 日本人担当者によるヒアリング

これまでの日本での就労経験や、学歴、現在の状況、将来の目標などについてお話をうかがいます。

2. 移民アドバイザーによる無料相談

ヒアリングでうかがった内容に基づき、当社移民アドバイザーがビザ取得のための要件をご説明します。
※ケースに依りますが、学生ビザ取得は日本人担当者のみで対応する場合があります。

3. プランニングのお手伝い

お客様に最適な学校やコース、ポジション、ビザ取得のためのプラン等のご提案をさせていただきます。

無料相談1時間

政府公認移民アドバイザーが完全サポート!

ニュージーランド人弁護士

Geoff Levi

ジェフ・レビは移民に関し、知識と経験豊富な弁護士です。必要な場合、彼がお客様の代理として移民局担当官と連絡をとり、対応いたします。

政府公認移民アドバイザー

HELEN (Xiaoyun Huang)

2008年にニュージーランドに移住し、イミグレーションコンサルタント会社に勤務。2011年には政府公認イミグレーションアドバイザーの資格を取得。IAA LICENCE NUMBER:201100119

 

英語に自信がない方は、ご相談の際に日本人スタッフが同席いたしますのでご安心ください。

学生ビザ

ニュージーランドでは、3 ヶ月未満の就学の場合は観光ビザで学校に通うことができますが、本格的に勉強したい、3 カ月以上(14 週間以上)・フルタイム(週20 時間以上)で就学する場合は学生ビザの取得が必要になります(ワーキングホリデービザでも最大6カ月就学が可能)。また学生ビザではNZQA 認定の学校で就学中にアルバイトをすることも可能です。 ハンナコンサルタントでは、学校選びのご相談・手配までを無料でお手伝い!語学学校だけでなく専門学校などニュージーランド国内の様々な教育期間とコネクションがあるので、お客様のニーズに合った学校選びとビザをサポートします。

学生ビザ申請に必要なもの

  • パスポート(滞在期間+3カ月以上のもの)
  • 顔写真
  • 銀行の残高証明書
  • 帰路の航空券または資金証明
  • 健康診断書(6 ヶ月以上の就学される場合のみ)など

就労ビザ

ニュージーランドで就労できるビザはワーキングホリデービザ、エッセンシャルスキルズワークビザ、ワークトゥレジデンスビザなど、いくつかの種類があります。それぞれ異なる特徴や申請に必要な条件がありますので、まずは無料相談にてご相談ください。ご自分にあったビザはどれになるのか、今後のプランと合わせて当社のスタッフとアドバイザーとでしっかりとご相談に乗って行きます。

就労ビザの種類

  • Work to Residence Visa
  • Essential Skills Essential Skills Work Visa
  • Working Holiday Visa など

永住権取得

永住権取得にはいくつか方法があり、一般的にはSkilled Migrant Category(技能移民部門)、Work to Residence などで申請が可能です。今までのニュージーランドでの就労経験や学校で得たスキルなどが必要となり、Skilled Migrant Categoryの場合は、ニュージーランド国内での雇用、移民局が定めたポイント表で160ポイント以上取得すること、IELTS6.5以上、規定額以上の給与という条件があります。お客様の状況に合わせたアドバイスをいたしますので、まずは無料相談にてご相談ください。

永住権取得に必要なこと

  • IELTS6.5以上
  • 160ポイント以上

Work to Residence Visa

Long Term Skill Shortage List に掲載されているポジションで就職した場合、Work to Residence を取得すれば、IELTS などの英語力の証明なしで永住権を申請できるメリットがあり ます。ハンナでは特にシェフの方を対象としたワークトゥレジデンスビザで多くの実績をあげて います。

ワークトゥレジデンスビザの特徴

  • シェフや看護師、介護士の方におすすめ
  • Long Term Skill Shortage List の掲載ポジションで申請できるか決定
  • 英語力なしで申請できる!
  • 就労ビザで数年過ごしたあと、永住権の申請が可能 など