作成日: 2022.3 (更新日: 2022.3)

NZのワーキングホリデーが再開します!    

ニュージーランド ワーキングホリデービザの再開について    

2022年3月14日より 、日本からNZへのワーキングホリデービザの申請が再開されます!
新型コロナウイルスの影響で、長い間ワーキングホリデービザでの入国ができませんでしたが、ようやく再開されます。


ニュージーランドの国境再開までのスケジュール

  • STEP
  • STEP 1
  • STEP 2
  • STEP 3 (1)
  • STEP 3 (2)
  • STEP 4
  • STEP 5
  • 時期
  • 2022年2月28日(月)
  • 2022年3月14日(月)
  • 2022年4月13日(水)
  • 2022年5月2日(月)
  • 2022年7月
  • 2022年10月
  • 予定
  • NZ人(または永住権保持者)の入国開始
  • 日本からNZへのワーキングホリデー申請開始
  • 学生ビザ、ワークビザ保持者の入国再開
  • 日本からNZへの旅行が可能に(最大3か月)
  • 新ワークビザ(AEWV)の受付&入国開始
  • 海外からのすべてのビザの受付開始(訪問ビザ、学生ビザ含む)

NZのワーキングホリデービザ

Working Holiday Visa

image2vector

New ZEALAND

  • ビザの種類
  • 滞在可能期間
  • 年齢制限
  • 就学について
  • 就労について
  • : ワーキングホリデービザ
  • : 1年間 (一定条件を満たせば3か月の延長が可能)
  • : 18歳以上、31歳未満であること
  • : 最大6か月まで可能
  • : ビザの期間内であれば自由に就労が可能

 

ニュージーランドのワーキングホリデービザは、18歳以上31歳未満の心身ともに健康である方が対象となります。

就学は最大6か月まで可能で、就労期間の制限もなく、期間も1年間有効ですので、現地で働きながらお金をためて、NZを観光することも可能です。

ビザの有効期限内であれば、日本に一時帰国する、隣国オーストラリアに遊びに行くなど、何度でもニュージーランドに出入り可能です。

ハンナコンサルタントのサポート

Hanna Consultant

Hanna Consultant


ハンナコンサルタントでは、
ワーキングホリデービザの申請手続きのサポートはもちろんのこと、

      • 就職活動のサポート
      • 語学学校の手続き
      • 税金番号の登録サポート
      • 家探しのお手伝い
      • その他、滞在中のトラブル対応 など、

安心してワーキングホリデーを過ごせるようサポートしております

また、ワーキングホリデー後の

    • NZの大学や専門学校に通いたい
    • パートナービザを申請したい
    • 雇用先からジョブオファーを得たのでワークビザを申請したい など、

状況に応じたビザサポートも可能です。

Future plan
Auckland Photo

ニュージーランドへのワーキングホリデーを考えている方は、是非弊社までご相談くださいませ

NZでの新型コロナウイルス対策について

現在ニュージーランドでは、飲食店や小売店、公共の施設などの利用において、

      • マスクの着用
      • コロナウイルス追跡アプリ(NZ Covid Tracer)の利用
      • ワクチンの接種とワクチンパスポートの提示
      • 対人距離の確保 など、

が必要となります。NZ政府は感染者数にしたがって各地域の警戒レベルを変更していますので、

政府の発表に従って行動しましょう。

Covid-19

すでにワーキングホリデーを申し込んでいた人は?

 

新型コロナウイルスの影響で国境制限があり、今まで渡航が出来なかった約19,500人にも、

ニュージーランド政府は再度ワーキングホリデービザの発給を行うと発表されました。

*新たなビザは半年以内(9月13日まで)の渡航期限がありますのでご注意下さい。

Working holiday NZ
ニュージーランドへのワーキングホリデーを考えている方は、
是非ハンナコンサルタントまでご相談くださいませ。